バリュージャーニー – UX・マーケティング関連用語集

バリュージャーニー

近年、商品や技術とその販売を軸にしたこれまでのバリューチェーン型では提供できる価値が小さくなってきていて、これからは、長く寄り添って価値を提供し続ける「バリュージャーニー型」にビジネスモデルが変化していくとビービットは考えています。

オフラインがなくなり、リアルも含めて行動データが大量に出てくる時代(アフターデジタル時代)においては、この行動データをいかに取得活用できるかがビジネスにおける成功の鍵になります。マスマーケティングで商品を売り切る、という接点の少ないビジネスから、いかに多くの接点を活用して長期的な体験を届け、かつ各接点において適切なタイミング・コンテンツ・コミュニケーションで価値を提供することができるビジネスに変わっていけるかが、企業の争点になっていくでしょう。

これをビービットでは以下の図のように捉えています。

バリュージャーニー


→ UX・マーケティング関連用語集TOPへ戻る

(監修:株式会社ビービット)