UI (ユーザインターフェース) – UX・マーケティング関連用語集

UI (ユーザインターフェース)

UIとは、User Interface(ユーザインターフェース)の略称で、広義としては「道具とユーザとが接する面のこと」を指しており、全ての道具に存在していると言えます。ウェブサイトやアプリなどデジタルに関わる言葉として使われるケースが多いですが、本来はもっと広い概念です。

関連して、よく使われるユーザビリティとは、端的には「UIの使いやすさ」を意味していると説明されますが、国際規格ISO 9241-11で「ある製品を、特定の利用者が、特定の目的を達成しようとするにあたって、特定の状況で、いかに効果的に、効率的に、満足できるように使えるかの度合い」と定義されている通り、単純な使いやすさだけではなく、本質的には「状況」を含めた概念であることが分かります。

UIを設計するUIデザイナーという職種は、通常のデザイナーやウェブデザイナーと比べ、このユーザビリティやUIの操作感に対して専門性を持っていて、動きや反応を伴ったデザインや、その使いやすさ、分かりやすさに特化しています。

UX(ユーザエクスペリエンス)という言葉が、UI/UXといった言い方・書き方で一緒に書かれることがありますが、UIとUXの違いとして、UIはインターフェースそのものを指しており、UXはユーザが感じる体験や価値を示しているため、UXの方が広い概念として使われます。例えばUXが良い場合、UIはその体験をスムーズにユーザに届けるためのインターフェース(窓口、接面)であるため、往々にしてUIも良いはずです。逆にUIがとても良くて使いやすく分かりやすいからと言って、UXが良いとは限りません。



→ UX・マーケティング関連用語集TOPへ戻る

(監修:株式会社ビービット)