エクスペリエンスデザイン(XD)、体験設計 – UX・マーケティング関連用語集

エクスペリエンスデザイン(XD)、体験設計

Wikipediaによれば、エクスペリエンスデザインとは「ユーザが製品やサービスを利用する過程や、そこで価値を感じる出来事をデザインする行為である」と定義付けられています。

現在は、ユーザエクスペリエンスというと、デジタルマーケティング領域の概念のように捉えられがちです。しかし、従来のバリューチェーン型から、「作って売る」で終わるのではなく顧客に長く寄り添って価値を提供し続けるバリュージャーニー型にビジネスモデルが変化すると、「どのような体験を提示して価値を感じ続けてもらうか」が重要になるため、エクスペリエンスデザインは次の時代のビジネスの中心になると考えられます。

ビービットでは、ユーザにいかに豊かな状況を作るかにこだわった体験設計を目指します。
以下3つの検討事項を踏まえ、方法論化しています。

  1. ユーザにとって不自然な状況の発見
  2. 期待を立ち上げるコンセプトの提示
  3. コンセプトに沿った自然な体験の設計


→ UX・マーケティング関連用語集TOPへ戻る

(監修:株式会社ビービット)