AI suggest機能とボリュームゾーン分析機能をリリース!改善インパクトの大きいページがひと目でわかるように

本日発表のプレスリリースでお知らせしている通り、10月9日(火)にユーザグラムに2つの新機能が追加されます。

今回リリースされるのは、この2つ。

  • AI suggest機能(β版)
  • ボリュームゾーン分析機能(β版)

AI suggest機能(β版)は、ページや流入元のCV貢献度をAIが判定し、アイコンで表示するという機能です。目視では気付きにくいサイト改善のヒントを提供します。

ボリュームゾーン分析機能(β版)は、アクセスの多いページ・ランディングページ・流入元を一覧で表示する機能です。アクセス数だけでなく、CVにつながった訪問数やCV率も確認することができます。

ボリュームゾーン分析機能(β版)があることで、サイト内で「よくある行動パターン」をとっているユーザを効率的に観察することが可能になります。

今回リリースされるこれらの機能を活用すると、例えば「よくアクセスされているがCVにつながっていない(=伸びしろが大きい)ページ」を特定し、そのページを閲覧しているユーザの行動を観察することで、何がCVの阻害要因になっているのかを検証する、といったことを効率よく行えるようになります。


ユーザグラム全体にも言えることですが、今回リリースした2機能は、サイト改善のヒントがほしい方に本当にオススメの機能です。

伸びしろのあるページがアクセスボリュームと一緒にわかるので、どこから手を付けたらいいかがわかりやすいんです!

他にも、今までアクセス解析ツールでPV上位を確認してからユーザグラムを見ていた、というお客様も、この機能で業務がずいぶん楽になると思います。

ユーザグラムは、これからも機能リリースの予定が目白押し。ぜひ今後にもご期待ください!


ユーザグラムについて詳しくはこちら → ユーザグラム公式サイト

モーメント分析クラウド ユーザグラム(Usergram)
行動データを活用した企画がデータドリブン・マーケティング成功の鍵!

モーメント分析クラウド ユーザグラム(Usergram)は、顧客のモーメント(その瞬間の行動)をデータとして抽出/可視化でき、その行動の目的や、背景にある状況を把握し、マーケティング施策の企画立案に活かせるクラウドサービスです。

このライターが書いた記事

このライターが書いた記事をもっと見る

関連する記事