ビービット×GumGum Japan 共催セミナー 「AIで加速する、データドリブン・マーケティング」のお知らせ

『データドリブン』と『AI』。
今マーケティングイベントでホットな2つのキーワードです。ただ、本当にAIやデータを活用してマーケティングをドライブできているのか、という課題感も同時に顕在化しています。

そのような課題に応えるべく、今回GumGum Japan様と共催セミナーを開催いたします。本セミナーでは、これまでに無かった「AI」による広告配信手法と、「AI×行動データ」でユーザの状況を捉える「モーメント分析」というPDCA手法についてご紹介します。

【講演日時】
2019年1月10日
16:00 ~ 18:00(15:30受付開始)
【開催場所】
株式会社ビービット セミナールーム5F
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル5階
【参加費】 無料
【定員】 30名
【主催】 株式会社ビービット、GumGum Japan株式会社

第1部 潜在顧客を掘り起こす新しいブランド広告の姿と、 その事例の紹介

企業のブランド構築には、顧客や潜在顧客にメッセージを伝達しその価値を理解してもらうための“攻め”のアプローチが重要です。しかし、攻めるためには同時に”守り”を磐石にすることも必要です。デジタル広告において今「ブランドセーフティ」 「ビューアビリティ」が話題となっているのはまさにそのことを表しています。
自社の広告がいかにブランドセーフなコンテンツ内に配信されているか、且つユーザーのエンゲージメントを高められるブランディングができているかが今後ますますブランドに求められる課題です。
本セッションでは、米国トップ100ブランドの80%が活用する新しいブランド広告サービス『gumgum(ガムガム)』から見た考察と、日本国内でも拡大しつつある実際の活用事例のご紹介をさせていただきます。

講演者

GumGumJapan株式会社 Head Of Sale 松本 亮 様

matsumoto
GumGumJapan株式会社 Head Of Sale 松本 亮
自動車会社、化粧品会社、日用品メーカーなどで営業や企画を担当し、マーケティング戦略、営業戦略立案などに従事。 GumGum では 2017年7月より日本市場の開拓を担当。

第2部 『AI×行動データ』モーメント分析がデータビジネス成功の鍵

AIによる行動データの分析と、人間による企画立案。顧客の行動から、顧客の状況を捉える『モーメント分析』を中心にビジネスを成功させるためのデータ活用方法について、最新の海外事例や具体的取組みをご紹介します。

講演者

株式会社ビービット エグゼクティブマネージャ / エバンジェリスト 宮坂 祐

miyasaka
株式会社ビービット エグゼクティブマネージャ / エバンジェリスト 宮坂 祐
一橋大学法学部を卒業後、ビービット入社。金融、電機メーカー、メディア等の大手企業・ネット先進企業のデジタルチャネル改善に関するコンサルティングプロジェクトを多数手がけ、 クライアントの成果向上に貢献。累計1000人超のユーザ行動観察調査の経験をもとに講演や執筆活動も実施。ビジネススクールのGlobisにて企業向け思考系講座の講師も勤める。

皆様のご来場をお待ちしております!

モーメント分析クラウド USERGRAM(ユーザグラム)
行動データを活用した企画がデータドリブン・マーケティング成功の鍵!

モーメント分析クラウド USERGRAMは、顧客のモーメント(その瞬間の行動)をデータとして抽出/可視化でき、その行動の目的や、背景にある状況を把握し、マーケティング施策の企画立案に活かせるクラウドサービスです。

このライターが書いた記事

このライターが書いた記事をもっと見る

関連する記事